楽しかったグラベルロード

また懲りもせず大型店舗様の好意に甘えて試乗車をお借りしてオフロードライド走行会に参加してきました。
今回はjamisのレネゲード。
シリーズの最廉価版のアルミフレームにシマノクラリスのモデルです。
半日、しっかり里山を楽しませて頂きました。
TS3J0111.jpg
↑レネゲードエグザイルクラリス

業界の策略(!?)により市場開拓中のシクロクロスベースのツーリング車といったところでしょうか。
メーカーにより呼称が違いますがjamisではアドベンチャーロードと呼んでるようですね。
今回は店舗の試乗車をお借りしてMTBに混じって頑張ってきました。
結果、さすがにMTBに走破性は敵いませんが思ったより走れました。
サスもないしタイヤもMTBより細いので速度が乗ってる時に大きなギャップがあるととっちらかってしまいMTBに遅れを取りますがそれ以外は大きく皆さんをお待たせさせることは少なかったかなと思います。
まぁ手加減してくれるとは思いますが…
TS3J0110.jpg
↑携帯だと写りが小さいけど歓声が上がるほど美しかった富士山

TS3J0112_201701071918094e1.jpg
↑ゲレンデのごとき坂

このゲレンデ坂、写真では伝わり難いですが上から見下ろすとさしずめスキーゲレンデの上級コース。
かなりビビりましたが果敢にチャレンジし無事走破!
サドルにお腹を付けリヤタイヤにお尻が触れんばかりのへっぴり腰でしたがコケずに下って褒められました(笑)
あとは前回のシクロV9チャンプとの走行会であと一歩で上れなかった上り坂も今回は無事登頂成功。
思わずガッツポーズが出るほど嬉しかった。
ただし今回は路面状況が良かったのでそのせいもありますね。
他にもシングルトラック風なところも走ったりすごく楽しめましたし参加の皆さんもみな笑顔。
オフにはオフにしかない楽しさがありますね。

TS3J0115_20170107191812bb4.jpg
↑途中の神社で甘酒頂きました

TS3J0116.jpg
↑里山民家で休憩

ロードで林道を走った時にはディスクブレーキなんているの?と思ってましたが里山のようなステージでは有用だと思いました。
ぬかるんでたりしてリムが濡れるとキャリパーでは変化が大きいですがディスクでは変化が少ないです。
激坂下りのようなブレーキを掛け続ける時もディスクの方が安全性が高い気がします。
フラットな砂利道林道ではスリックでも走れますが泥道はやはりブロックタイヤの出番。
土の道の激坂上りや下りはロードのジオメトリでは辛いだろうしスリックじゃとても走れないと思います。

舗装路ではロードよりは遅いけど思ったほど遅くはないです。
むしろタイヤの抵抗で鍛えられるかも。
オフでも飛んだり跳ねたり、ダウンヒルはムリかと思いますが緩めの階段なら自分にも下れましたし結構走れそうです。
とはいえ舗装路ではロードに敵わず、オフロードではMTBに敵わないグラベルロード。
何とも中途半端な気がしますがオンもオフもそこそこ楽しめるのが自分にはちょうどいいのかもしれません。
競技をする気がない(逃げてる!?)自分にはそこそこ楽しめるのが重要。
本格的にやるとすぐに自分の限界を感じてヤメてしまいそうで…
余談ですが今回、伊豆ベロドローム以来自転車でコケました(笑)
もちろんそれも含め楽しかったです~!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 問題は資金繰り…誰かイリベ号買って~!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する