お見舞い前にひとっ走り

昨日の午前中は入院してる息子には目もくれず自転車で走って来ました。
家を出る時奥方がブツブツ言ってましたが…
でも入院してるから家に居てもすることないんだよねぇ。
息子にはあらかじめ午後に顔出すよって了承してもらってるし。

というわけで走行会に行って参りました。
尾根幹~連光寺~いろは坂~野猿街道~尾根幹って感じのコースを走って来ました。
ひとりでは絶対走らないコースです。
ちなみにこの日は多分16台自転車が集まったと思いますがスチールは5台もいました。
なんか嬉しい(笑)
連光寺では速い方々がビューンと行ってしまったので必死に食らいつきましたが思った通り最後まで着いていくことはできませんでした。
でも精一杯走って気持ち良かったです。
その後は小グループに別れてローテーションの練習なんかもしました。
信号に捕まってばかりでうまくいかないこともありましたが中々楽しかったです。
連帯感も生まれるしたまにはこういうのもいいですね。
TS3J0018.jpg
↑信号に捕まる図

先週のサイクリングでHSSショックに見舞われましたが改めて昨日クォーク号で走ってみて思いました。
やはりこのフレームは自分に合ってるなと。
乗ってて気持ちいいんですよ。
ペダリングも軽いし乗り心地も自分好み。
モガけば身をよじって進む感覚がなんとも言い難い良い感触なんです。
新しいフレームなんて買う必要はないな…と思いました。
それにHSSに乗れば自分ももうちょい速く走れるかも…と淡い期待をしてましたがそう簡単にはいかないと思う。
しょせん自転車は乗る人次第です。
連光寺でパナ8630Rに乗るNさんの走りを見てそう思いました。
ダンシングで力強くかつ軽快にグワーっと上って行く後ろ姿を見送りながら自分には精進が足らな過ぎだと実感致しました。
TS3J0019_20161113224744add.jpg
↑解散場所でダベる図

そんな事を考えさせられる走行会でしたがいつも通り楽しく走れ同行して頂いた皆様に感謝です。
そして最後にはこれまたいつも通りコンビニで自転車談義をして帰りました。
帰宅後はもちろん息子の見舞いに行きました。
中2とはいえ親が来ると嬉しいようで喜んでくれたのでよかったです。
どこを走ってきたのかあれこれ聞かれました。
そして本日無事退院致しました。
ご心配をお掛けしました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 必要なくても買うのが自転車乗りの性
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する