タイヤも溶ける!?灼熱バンク

昨日の日曜日は久しぶりに自転車に乗った。
といっても川崎競輪場の走行会に車載で行っただけなので大して走ってません。
流石にこの暑さの中、一番気温の上がる時間帯を自走する気にはなれませんでした。
TS3J1024.jpg
↑体温より高い気温

バンクに到着するとこの暑い中、結構な人数が集まってて驚きました。
早速、走り出しますが…予想以上に暑い。
アップでゆっくり走った後、ちょっとペースを上げて10周回もすると熱い空気を吸った心肺を中心にカラダが沸騰するような感覚になる。
レーストレーニングをしてるわけではないのでムリせずあっさりペースを下げて休憩。
休憩しますが全く汗が引かず水分を摂るばかり。
自分だけではなく皆さんも同じようでした。
身の危険を感じたので充分な休憩、と言う名の自転車談義。
TS3J1026.jpg
↑日陰は無いし照り返しは熱いし

その後、もう一度走りにバンク出ますが結果は同じでロクに周回できませんでした。
それどころか参加者のタイヤが熱で溶けて破裂しそうになってたようです。
今回は速い人も強い人も皆平等に暑さにやられてました。
とても自転車を楽しめる環境ではないですね、自分の場合。
TS3J1027.jpg
↑走らず放置車両と化す

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 暑くてブログ書く気もおきない…
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する