スプロケは付いたけど…

11速化のため元々10速用だったハブのフリーボディを削って11速スプロケを取り付けました。
ディレーラーはビッグプーリーのお試しとしてシマノアルタスというルック車に装着するグレードのモノを取り付けた。
TS3J0869_convert_20150423212157.jpg
↑デュラエースばりの黒銀ツートンカラー(笑)

チェーンは11速用をきちんと使用。
チェーンカッターもケチらずシマノ純正を使いました。
使いやすかったです。
ワイヤーはそのまま使いまわして変速テスト。
さてカンパアテナのエルゴパワー(パワーシフト)とシンクロするのか!?
…予想通り…まともに変速しません。
ロー側からシフトアップしていくと途中からカチャカチャ音がし出してトップ手前で勝手に1段飛ばしでシフトアップ。
ワイヤーの張りやディレーラーの稼働範囲の調整など自分なりに調整しましたが普通に違和感なく走れるようにはできませんでした(泣)
TS3J0868_convert_20150423212132.jpg
↑狭山湖堰堤にて

ちなみにアルタスディレーラーは普通に変速しますね。
特に動きが悪いとか安っぽいとか感じません。
見た目以外は…(笑)
稼働範囲も何ら問題なく11速の幅を動きます。
ビッグプーリー効果は…あるといえばある。
クランクを逆回転させると違いが確かにありますね。
プーリーそのものの回転も安い割には軽いです。
66アルテグラの非ベアリングプーリーより全然回転が軽いです。

使い勝手をガマンすれば一応走れるのでいろいろ調整しながらジテツーしてます。
でも多分、何か新しい手を使わないと普通に走れるようになるまでのシンクロはできないかと思います。
カンパのRDに交換すればいいのだとは思うのだけど…

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 固定車体なら変速調整はいらないのに(笑)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する