ハンドメイドバイシクル展

今日はハンドメイドバイシクル展を見に行って来ました。
場所は九段下、北の丸公園内の科学技術センター。
単独で現地まで自転車で…と思ってましたがいつものcspeedで見学ツアー敢行ってことでお店に向かう。
多摩川沿いを走りますが河川敷のあらゆるモノが凍ってるといった感じの激寒さ!
どうやら氷点下2℃程度だったようです。
ゆっくり走ると身体が暖まらず…ペースを上げれば風で身体が冷えて…と、どう走るか悩ましいほどでした。
TS3J0773_convert_20150125211225.jpg
↑凍って朝陽でキラキラ綺麗でした

お店に着いて集まったメンバーと出発。
現地までは246号が最短ルートですがずっと首都高高架下になり寒すぎるので別ルートで向かう。
都会に疎い自分はどこをどう走ったのかさっぱり…
とはいえ先導付きなので無事会場に到着し早速見学~
TS3J0774_convert_20150125211301.jpg
↑ボケボケ~

今回初めてこのショーの見学でしたが思ったより多くの出展があり見応え充分。
アマンダやナガサワ、クォーク等老舗、聞いたことのないブランド、サイクルデザイン学校の生徒の作品もありました。
自分的にはビルダーさんに直にお会いしたことのある細山製作所やエクイリブリウムに要注目といったところ。
TS3J0775_convert_20150125211322.jpg
↑エクイリブリウム
TS3J0776_convert_20150125211347.jpg
↑ハンドメイドステム
TS3J0777_convert_20150125211413.jpg
↑KVA製ステンレスを使ったフレーム
TS3J0780_convert_20150125211444.jpg
↑クォーク号
TS3J0781_convert_20150125211511.jpg
↑ジロ、子供用フレーム。紫に虹ラメが昭和の香り!?

他には超高級ハブで有名なゴキソでハブとBBの説明をじっくり聞いてみました。
こだわりの製品で超高性能なのはよくわかりましたがいかんせん高価過ぎる。
使ってみたいですがとても手が出ません。
他には山音製作所、あぶくま工房といった若手ビルダーが注目どころでした。
老舗には老舗の安定した見慣れた良さがありますがどことなく漂う昭和の香り(笑)
対して若手ビルダーにはどことなくそれとは違う魅力が感じられるんですよね。
あとはBYOB Factoryの指導を受けながら自身で作るフレームに興味有り。
老眼が進行する前にチャレンジしてみたいものです(笑)
ナガサワのブースにはあの世界選手権10連覇の中野浩一氏がいました。
握手とサインを…と思いましたが恥ずかしくてお願いできず。シャイなんです(笑)

お昼頃に会場を後にしお店に戻る。
帰路は246号を走りますが都会の道は怖い。
絶え間ない路駐に二重路駐、突然の路駐のドア開閉。
路駐を避け交通の流れに乗るにはインターバルさながらの走りを強要されかなりのハイペース。
いや、いいトレーニングになりました。
半ば命懸けの走りな気もしましたが…
あとは定番、お店での自転車談義のあと帰宅。
100km弱、いろいろ楽しいサイクリング&ショー見学でした。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 日々生きてることに感謝
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する