エルゴパワー導入

先日購入したカンパアテナエルゴパワー、シマニョーロ化すべく取り付けにチャレンジしてみた。
作業に悪戦苦闘したのでほとんど写真は撮れませんでした。
まずはアルテグラSLのSTIを外す。
外すのは簡単、各所ネジ緩めてワイヤー抜いてSTI本体を外すだけ。
TS3J0445_convert_20140716214902.jpg

そしてエルゴパワーをハンドルにセット。
締付けのトルクスボルトがブラケットカカバーに阻まれ締め辛かったです。
次は各ワイヤーのセット。
これが苦手…
見栄えの良い長さに調整するのが苦手なんです。
どうしても安全策で長めになってしまって…
そしてここで愚行といえるミスを犯す。
あろうことかFブレーキアウターを切断する時にインナーを通したまま切ってしまった(泣)
というわけでブレーキインナーは一度も使うことなく廃棄…
仕方ないので買いに行こうかと思いましたがとりあえず外したシマノのリヤブレーキのワイヤーを使うことしました。
が、タイコがシマノの方が大きかったのでヤスリで削って使えるようになりました。
でも結局気になったのでワイヤーを買いに走り¥630をムダな出費…

次はシフトワイヤーの取り付け。
ここでの問題はアウターにサードパーティー品を使ったこと。
純正じゃつまらないかなぁとホログラムカラーにしてみたのですが…
無題
↑シルバーにしてみた

アウターの直径がカンパ純正より太くてエルゴパワーの差し込み口に入らない。
TS3J0448_convert_20140716215049.jpg
どうするか思案した結果、自己責任ってことで皮膜を剥がして突っ込んだ。
ブレーキアウターも入りが悪かったので多分こっちも太かったのでしょう。
その時はキツいなぁと思いつつ無理やり突っ込んでしまったんです。

TS3J0447_convert_20140716214938.jpg

無知ゆえいろいろありましたがあとは前後ディレーラーの変速調整。
フロントはディレーラーにある2本の調整ネジをゴニョゴニョとイジったら変速するようになりました。
リヤはいろいろ調整したのですがうまくいかない。
ローが合うとハイがだめ、ハイが合うとローがだめ、と全域でシンクロしない。
そこでシマニョーロの先人達が生みだした「大回し」をしてみた。
ディレーラーのワイヤー取り付けをひねる手法ですね。
するとなんとか変速するようになりました。
トップで怪しい動きをしますがとりあえずこれで一旦妥協しバーテープ巻いて完成。

そしてジテツーにてテスト走行。
結果…変速は微妙に合わない。
リヤ変速はチェーンが一部スプロケでカチャカチャいうもののシフト操作のアップダウンをすると収まる。
Fディレーラーは変速は問題ないけど音鳴りがする。
もっと調整を詰めれば普通に乗れるかも。
エルゴパワーの操作感はブレーキレバーは握りやすく掛けやすい。
シフトレバーはSTIに慣れてるのでまだ違和感がある。
でもシマノの方がフェザータッチというか軽やかなレバータッチです。
レバー本体はカンパの方が軽いのでハンドル捌きが軽くなった気がします。
あとはもっと慣れてカラダに馴染むと印象もまた変わるでしょう。

TS3J0450_convert_20140716215105.jpg
↑いつもダジャレな西武園

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 明日はロングテスト走行!?
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する