やっとリヤホイール組み

いろいろ手間取って組み上がらなかったリヤホイールをやっと組み上げました。
実はリムを輝かせようとアルマイト剥離と磨きにチャレンジしましたがピカピカに輝けず断念…
使っていない固定車体のホイールをバラしてリムを使いました。
作業は前日のタイヤ貼り同様、夜のベランダで薄暗い中での仮組み。
ベランダにブルーシート敷いて座り込んで作業しました。
今の季節はいいけど真冬と真夏は厳しいよなぁ…

仮組み後の振れ取り&テンション調整はこっそり部屋で行いました。
TS3J0420_convert_20140621114120.jpg
今回はスポークをDS側2mmプレーン→2.0-1.8バデッドに、NDS側1.8mmプレーン→2.0-1.8バデッドに変更。
組み方は今までと同じくフルクラム風の2to1組み。
最近の手組みでは敬遠されがちな変則組みですが自分的には使ってて不都合はなかったので同じ組み方にしました。
某ブログで流行りのヨンロク組みとか検討しましたがFホイールも変則組みなので合わせようかと。
テンションは今までとほぼ同じ値にしておきました。
左右のテンション差はNDS側を1本間引いてるだけあって無いとは言えませんがかなり少ないです。
間引いてる分強度が心配ですが組んでから一度もスポークが切れたことがないので自分の使い方では大丈夫なのかなと思ってます。
念のためNDSのスポークも丈夫になる方向で変更しましたしね。

あとは走ってみてスポーク変更の違いはわかるか!?
鈍感な自分なので多分わからないと思いますが。
ちなみに使ってるリヤハブは購入当時知識も無く値段と軽さで選びましたが今改めて寸法等みると横剛性が不足しがちな数値な様子。
が…やはり鈍感な自分には剛性不足を感じられずです。
いいホイールを使えば違いに気付くものかもしれませんね。
知らないって怖い…

TS3J0421_convert_20140621113937.jpg
↑大好きな軽量化は…
805gでした。スポーク交換前の813gと大して変わりませんね。
前後で584+805=1389gとアルミリムの割に軽くできました。
費用も今回のスポーク代と流用したリム、ハブ合わせても前後合計で\27,000弱なのでコストパフォーマンスは上々ですかね。
それよりも楽しめたのでプライスレスといったところか(笑)

ピカピカにならなかったとはいえそこそこは光った失敗鏡面リム。
そのうち磨き直しに再挑戦しようかと思います(笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 光るには時間と根気が必要
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する