ミニベロ、プチメンテ

今日も病み上がりの息子を置いて出掛けるわけにもいかず家にこもりっきり。
正直なところ自分が家に居ようが居まいが変わりはないので出掛けてもいいんじゃねぇの!?と思うが自重しておきました。

そしてヒマを持て余し奥方のミニベロの走りを少しでも良くしようかと少しばかりイジくってみた。
TS3J0005_convert_20131012121955.jpg
まずは回転系だろうとFホイール見たら回転は良くないし振れも出てるし…
というわけでホイールメンテです。

まずはタイヤ外してホイールの振れ取りから。
振れ取り台とセンターゲージを20インチ仕様に組み替えて作業します。
TS3J0081_convert_20131103213546.jpg
縦方向に結構振れてました。

TS3J0082_convert_20131103213606.jpg
センターも出てませんでした。
このデキなら自分で組んだ方がマシなくらいでしたよ。
ついでにいうとチューブもタイヤサイズに対して表示上1サイズ大きいのが入ってました。
まぁ大した問題ではないのかもしれませんが気になりますね。
ちなみにホイールの組み方はイタリアンでした。
JIS組みかと思ってたので意外でした。

いつものDTのニップルレンチで調整しましたがニップルの精度が良くないのかガタがあったり動きがイマイチでしたね。
自分の整備の腕なので完璧とはいきませんがだいぶマシになったと思います。
今回はニップルを締める方向だけで調整したのでスポークテンションが上がったと思いますが乗って違いが分かるものなのかな!?

次は回転の悪いハブの様子を見る。
原因は防水ゴムキャップのせいでした。
どうせ雨は走らないだろうし回転の抵抗になるだけなので取り外しました。
ついでに中を開けてグリスアップ。
TS3J0085_convert_20131103213658.jpg
ジョイテックというブランドでした。

グリスを入れ替えて頑張って玉押しの調整をしましたが納得いく仕上がりには至らず…
TS3J0084_convert_20131103213639.jpg
思えば息子の自転車のハブもそうでした。
安いモノにはそれなりの結果しか出ないものなんでしょう。
デュラと同じようにはなりませんでした(当たり前かと思いますが…)

最後はタイヤをはめて終わり。
久しぶりのクリンチャーの脱着でした。
TS3J0086_convert_20131103213714.jpg
そしてこれまた久しぶりの英式バルブに空気を入れる。
我が家には自分のロードとピスト、息子のJrMTB、奥方のミニベロと4台自転車がありますがそれぞれエアバルブが仏式、米式、英式とバラバラ…
そのうち全部仏式に統一したいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 心の振れ取りもしたい
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する