濡れた大垂水峠

今日(10/15)は会社が休みだった。
でも無情にも天気予報は午後から雨…
晴れたら久しぶりに遠くまで走ろうかと思ってましたが断念して近場を走ってきました。
車体はサドルを新調した固定車体。
カシマサドルの塩梅を確かめてみたかったんです。

息子の登校を見送って8時前に出発。
多摩サイをのんびり走ろうかと多摩大橋まで行くが気が変わって大垂水峠に行き先変更。
昼から雨って予報だったので降る前に帰れるかなと思い直したんです。
最近、固定車体で峠に行ってなかったし。
で、浅川沿いに入りますがさっきまで雨が降ってたようで路面がウェット。
幸い雨は止んでいたしせっかくここまで来たのでそのままウェット路面の大垂水峠を上り始める。
ここ最近ジテツー以外はほとんど走っていないので苦戦するかと思いましたが思ったよりいいペースで上れました。
頂上付近ですっかりタレてしまいましたが…
TS3J0032_convert_20131015172242.jpg

引き返して帰るか先に進むか迷いましたが0.2秒で先に進むことを決断しウェットの峠道を下ります。
元々下りは得意ではない上、ペダルの止まらない固定車体もコーナリングは得意とは言えないので慎重に下る。
相模湖までは行かず千木良を左折し阿津に出て412号を経て413号に入ります。
しかしなんだか凄い渋滞してて走り辛かったので三井大橋を左折し津久井湖の裏山(?)を上ります。
TS3J0034_convert_20131015172319.jpg
TS3J0035_convert_20131015172404.jpg
↑結構景色が良かった
下る途中、カーブを見誤り突っ込み過ぎてジャックナイフ!
Fブレーキ緩めて着地後無事曲がれましたが一瞬ヒヤっとしました。
でもリヤタイヤ持ち上げながら「オレ、シュワンツみたい」と思ったあたり意外と冷静だったようです!?
濡れた峠を初めて走ったタイヤ「チャレンジミラージュ」ですが濡れた路面でジャックナイフさせても滑らなかったのでウェットグリップは上々のようです。

キョンキョンも通った津久井高校のところに出て413号復帰。
そして真っすぐ帰ればいいのに城山湖(本沢ダム)に向けて上り始める。
結構キツいんですよ、ココ。
ジリジリ上って発電所入口まで来て雨が…
TS3J0036_convert_20131015172418.jpg
まだ昼前なのに…天気予報の嘘つきめ(怒)
ダムまで上らず下ることにし帰路へ。
下れば止むかと期待しましたが止むことはなく帰宅まで雨の中走りました(泣)
そしてちゃんと予定通りお昼10分前に帰宅しました。
予報通りなら濡れずに済んだのに…

肝心のカシマサドルですが平坦と上りでは具合が良かったです。
フォルムが細いので脚を回しやすいです。
サドルサイドが今どきの薄っぺらサドルと違って厚みがありますがむしろそれが内腿のガイドのようでこれまた具合がよろしい。
が、下りや極低速時はちょっとケツが痛かった。
回してる時はイイけど流すような場面でお尻に荷重が乗るとクッションが少なく硬いのでハードな乗り心地になるようです。
息子とのポタリングはレーパン履かないと痛いかもしれません。
ジテツーもいつも普通のパット無しのズボンなので痛いかも…
でも乗り込めばサドルとお尻が馴染むような気もするのでパット無しのジテツーで鍛えようかと思います。

ついでにもひとつ。
最近サイクルキャップを被ることが多いのですが雨の中被ってたらサングラスがほとんど濡れませんでした。
おかげで雨の中でも視界良好でした。
昔からの定番ってやっぱり使えるモノなんですね。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村今日も貸切峠でした~
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する