ロード用リヤホイールメンテ

まだ未着手だったロードのリヤタイヤ交換。
そろそろやるべと重い腰を上げて着手。
まずはチューブラーテープで貼ったコンチスプリンターを剥がす。
TS3J0630_convert_20130907192915.jpg
力技で剥がした後はテープの残骸をコロコロとリムの上で転がしながら丸めて剥がしていく。
最終的にはシンナーで脱脂を兼ねてお掃除して終了。

そしてせっかくなので軽くホイールの振れを取る。
手組みなのにカンパG3風に2-1組みで組んだ自家製ホイール。
未熟な腕もありどうしても縦振れが完璧にできない…
とはいえ走りに大きな支障が出るほどではないのでやれる範囲で調整して終了。

リムセメントの下地塗りに取り掛かろうと思いましたがスプロケもたまには外してみようかと外して清掃。
でもスプロケ単体にしても3分割にしかならず1枚1枚には分解できないので外しても掃除がし難かった。
ちなみに購入時に心配だったフリーボディとスプロケのカジりはありませんでした。
そして今まで一度も手を付けたことのないフリーボディも外してみた。
ハブの両側を5mmのレンチで緩めるだけであっさり分離。
そしてラチェットを拭き取り清掃。
ツメの部分は分解すると戻すのが面倒そうだったのでここも拭き取り清掃のみ。
TS3J0631_convert_20130907192936.jpg
あとはグリスを塗り直して元に戻しておきました。
思ったほどラチェットは汚れていなくて組み直しても音も回転も変わったようには思えませんでした。
グリスの選択が良くなかったのかな!?

ここまでしてやっと目的のリムセメントを塗る作業に。
なんかいつも余計なことをやりだしてしまう。
まぁ楽しんでやってるんでいいんですけど。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 東京五輪おめでとう!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する