ニューホイール

ニューホイールといっても中古ホイールの組み直しだけど…
しかもアルミ平リム36hといった時代遅れの古風ホイールだし(笑)
そんなホイールですがリムは競輪御用達のアラヤゴールド。

自転車に装着するとこんな感じ↓
TS3J0628_convert_20130907192801.jpg
細いスポークと低いリム高のせいか華奢なイメージ。
流行りのディープリムや少スポークの真逆ですが気に入ってます。
といいつつカーボンディープにも興味はあるのですがね(笑)

そんなホイールのインプレです。
2回のジテツーとcspeedへのポタリングしか走ってませんがまぁ自分の記憶として取っておこうかと。

どれどれと走り出してみると…
何となく軽い!
回転が軽いというより自転車捌きが軽い感触。
走行ラインを変えるような動きが軽快になりました。
それとゼロ発進からひと漕ぎした後のクランクを回す感触が軽くなった感じ。
ギヤが1枚軽いとよく言いますがそんな感じでしょうか。
固定ギヤなのでもともとギヤ1枚しかないのですが。
スポークが36本と多いので空力が悪いのかなと思いましたが自分の速度域と感覚では全くわからず…
むしろ36本スポークのおかげかホイール&タイヤと路面のコンタクトポイントが増えた感じでクランク~チェーン~タイヤと駆動力が伝わる感触が心地良い。
まぁこの辺は自己満足の領域だと思いますが(笑)
ただし、伊豆ベロドローム等バンクでタイムを計測するとディスクホイールやディープリムの方が確実に速いそうです。

ブレーキも問題なし。
むしろキンリンTB25より効きが良いです。
少し鳴きがありますがブレーキパッドの馴染みと調整でなんとかなりそうかな。
ただホントは競輪競技用なのでリムブレーキには正式対応してないそうですが。

という感じでひとまず手組みホイールは無事に走れています。
今後の耐久性はどうなるかな。
スポーク細いしリムは華奢だし多少心配はありますが体重が軽い自分ですし何より貧脚ですのでしばらくは大丈夫ではないかと期待してます。
見た目については結構満足してます。
走ってる最中にギラギラ輝きながらクルクル回るFホイールに見入ってます(笑)
この輝きが保てるようにたまにはリムを磨くようにしないとね。
TS3J0632_convert_20130907192950.jpg

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 踏み心地が良いホイールかも♪
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する