チューブラーを貼る

わざわざ記事にするほどではありませんが…
アラヤリムにデュラハブの自作手組みホイールにタイヤを貼りました。
TS3J0616_convert_20130823233018.jpg
↑セメント塗布して819gでした
今まではミヤタのテープで貼ってましたが今回からはリムセメント(接着剤)を使用。
テープでもよかったのですがやはり競輪仕様のアラヤのリムにテープは似合わないかと…
あくまで雰囲気の話しですが趣味なんで自己満足が大切です(笑)

というわけでパナレーサーのリムセメントを使います。
SOYOでもよかったのですがパナの方が速乾性で使いやすそうだったのでパナに。
まずは下地作りから。
いろいろ調べると2~3回は塗布して完全乾燥が主流のようですのでマネして1回塗って一晩乾かし翌日2回塗って一晩乾かしてみた。
そしてさらにリムとタイヤにリムセメントを塗布してタイヤ貼り。

今回のタイヤはチャレンジミラージュ。
Fホイールは井上組み(イタリアン)なのでタイヤの向きに気を付けて貼ります。
タイヤロゴが右側(クランク)ですね。
嵌めたら少しエアを入れてセンターを出す。
と、まぁ簡単そうに書いてますがセメント塗ってタイヤ貼るのでセメントがくっついちゃってなかなか思うようにタイヤが嵌めれませんでした。
センター出しもモタモタしてるとセメントが乾いて接着力が増すのでやりづらい。
結構な冷や汗モンでした。
TS3J0617_convert_20130823233036.jpg
やっとの思いでタイヤを嵌めたあとはエアを規定値まで入れて一晩放置して乾燥させます。

これで終了。
あとは自転車にホイール装着して走るのみ。
そしてまだまだ続く手組みホイール。
固定車体の後輪とロード用のスポークの折れたFホイールも組まねば…

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 手軽さはテープかな
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する