柳沢峠に上日川峠はキツかった

昨日は最後の輪番休日の平日休み。
せっかくなので久しぶりに走りに行ってきました。
コースはキツいのを承知で先日ブログにあげたあのコース。
違いは自宅スタートで甲武トンネル経由鶴峠。
笹子峠はキャンセルし新笹子トンネル。
最後は自宅に戻るのに大垂水峠経由。
あとはほぼあのまま。
ざっと、甲武トンネル→鶴峠→今川峠→柳沢峠→上日川峠→大垂水峠
結論からいうとまだまだ未熟な自分に獲得標高4614mはホントにキツかった…
帰れないかもと思った。
輪行袋買おうかと思った。買わないけど。


朝は息子と一緒に起きて7時前に自宅を出発。
もっと早く出るべきでしたが起きれませんでした。
五日市街道を走り檜原街道へ。
順調に走り甲武トンネルを上る。
この辺まではまだ気温も猛暑まではまだ上がらずなんとかこなせた。
TS3J0095_convert_20120906215757.jpg

鶴峠に入る頃には気温も上昇し日陰は我慢できても日向は超辛い。
たまらず途中の日陰の自販機で補給と休憩。
アップダウンを繰り返しなかなか頂上へたどりつけない。
上りでは暑さにバテて全くペースが上がらずほぼインナーロー…
それでも粘りの納豆刻み走法で頂上へ到達。
時間が押してるので早々に下り始める。
TS3J0096_convert_20120906215815.jpg

お次は初めて走る今川峠。
これまたほぼインナーローでの登坂。
パンチの効いた斜度もあってなかなかの苦戦。
苦し紛れのダンシングで殺風景な頂上へ到達。
TS3J0097_convert_20120906215835.jpg

そして柳沢峠。
ここは以前走りましたがやたらとダラダラと長かった印象が強い。
今回もすごく長く感じた。
そしてバテていたせいで斜度がキツく感じて本当にツラかった。
途中落合キャンプ場とかいうところの自販機で休憩とドリンクの補充。
正直なところここで引き返そうかと思った…
それでもメゲずにペダルを回し出す。
そして花魁淵の手前でも小休止。
TS3J0098_convert_20120906215915.jpg
ここからがまたキツいのよねとまた走りだす。
そういえば新しくトンネルができていた。
ちょっとショートカットできたのかな!?
花魁淵のそばも通らなかった気がする。
なかなか頂上に着かないのと暑さでイライラし始めるがイライラしても何もイイことはないのでいろいろと気を紛わせながら走りやっとの思いで頂上の茶屋を到達。
TS3J0100_convert_20120906221940.jpg

昼飯はうどん。
値段の割に少なくてガッカリ…
TS3J0099_convert_20120906215938.jpg
おいしかったけどね。

さてここで引き返すか先に進むか…
しばし悩んだあげく無謀にも先に進むことに。
上日川峠はぜひ行ってみたいと思ってたのとダムがあるので息子にダムカードを土産に帰ろうかと思って。
そして意を決してダウンヒルへ。
道が広く爽快な下りでした。
自分には無理ですがテクがあれば自転車でも80km/hオーバーで行けるのでは!?

そしていよいよ上日川峠へ突入。
しょっぱなからスゲー斜度が待ち受ける。
ガーミンは15%とか表示。
ここまでかなり脚を消耗してきてるので猛烈にキツかった。
インナーローでダンシングでしたよ。
この日は下ハン持ってのダンシングが上りやすいことに気付いた。
が…ここにきて膝が痛みだした。
ダンシングすると痛くシッティングで踏ん張るが思うように上れずまたダンシング、余計痛くなる…
と悪循環でかなりヤバかった。
途中、景観がキレイなところがあったりと気を取り直したりなんとかがんばる。
ひと山越えた下界に走ってきた道が見えるとおぉ~こんなに走ってきたのか~と思わず自分に拍手(笑)
暑さと膝の痛みに耐えてついに頂上へ!
TS3J0101_convert_20120906222003.jpg

しかしもう時間がないので写真1枚撮って下山。
途中の上り返しで悶絶するがあとはひたすら下り。
ずっと下ハン持って下ってたら首は痛いは手はしびれてくるはと下りも疲れることを実感。

そしてお目当ての上日川ダム(大菩薩湖)が見えてくる。
事務所を見つけてダムカードをもらいに行くと衝撃の事実が発覚!
「ここではダムカードは配ってないんです」
何だと!ここまできて無いだと!
怒り心頭なオレでしたが怒ってもしょうがないのであきらめて家路を急ぐことに。
このダムは東電のダムで国交省管轄とは違うみたいですね。
ちゃんと下調べすればよかった…
TS3J0102_convert_20120906222204.jpg

引き続きひたすら下って20号へやっと合流。
長い下りだった…
そして難関の新笹子トンネル。
自転車が通れることは調べてありかなり走りづらいとは聞いてましたがココはホントに怖かった。
トンネル自体が狭い上に路肩が皆無。
ここを自転車で通るには勇気がいるというより無謀かも…
全ライトの点灯を確認しクルマが途切れるのを待って突入し全力疾走。
約3km…恐怖との戦いでした。
幸い後方から追いついてきたのは乗用車数台で対向車がちょうどいないときだったので大きく避けてもらえた。
思わずトンネル出た後止まって通ってきたトンネルを眺めて休憩してしまった。

その後大月でコンビニ休憩し膝の痛みに耐え20号をひた走る。
時々痛む左足のクリート外して片足で漕いだり走りながらストレッチしたりマッサージしたり…
苦行のようなサイクリングになってしまった。
やっとの思いで辿り着いた大垂水峠はいつもの倍近く掛けて上った。
自宅までのわずかなアップダウンにさえ悶絶しながら無事19:30に帰宅。
疲れた…もう二度とこのルートは走るまい…

走行距離:212.54km
平均速度:19.7km/h 
最高速度:69.5km/h 
獲得標高:4614m

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ダンプは人としてのマナーを勉強したほうがいい
スポンサーサイト

こんばんは、初めまして。
距離200kmで獲得標高4600mですか……スゴイですね。
新笹子トンネルは自転車危険と聞いてますが、下り(甲府方面へ)だったらイケるんじゃ?と思ってルート練ってるんですが、どう思われますか?退避スペースが全くないトンネルの恐怖は僕も分かっているつもりですが、一気に駆け抜けちゃえば……でも3kmか……なんて悩んでいます。

ダンプのマナーについては激しく同意です。

2012.09.06 22:51 tom #QfZQtZfA URL[EDIT]
Re: tomさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

新笹子トンネル…初めて通りましたが怖かったです。
内部の電光掲示板に「自転車・人に注意」と書いてありましたのでクルマも一応気にはしてるようでした。
反射板、尾灯をこれでもかと点けるのと突入のタイミングが重要だと思います。
勾配はほぼ平坦だったので突入のタイミングを図る際に呼吸を整えてあとは大型車が来ないのを祈って全力で走り抜けるのみ!
オススメはできませんが走れないことはないです。
安全第一で頑張って下さい!

2012.09.07 21:28 かなぴん☆ #ve3alMbE URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する