膝痛にメゲるな!

思うように全快しない左膝。
歩けないとか自転車にに乗れないほどではナイのですが痛いモンは痛い。
このままでは多摩湖駅伝に出れないし何より老後(早っ)も心配ですのでメゲずに回復に努めたいと思う今日この頃。
今日は天気も悪く出掛けることもなさそうなので病院へ。
今回は整形外科でなく整骨院に行ってきました。
整形外科での診察も注射も悪くはなかったのですが自分としては手技での治療がないのが寂しくて。
そんなワケで整骨院にチャレンジです。
ネットで調べたところ近所に良さげな整骨院があったのでまずはそこに決定。
近くにないと通えないので場所は重要。


受付済ませて診察へ。
問診の後、触診。整形外科ではコレもあまりなかった。
膝や周辺の仕組みを説明してもらい更になぜ膝痛が起きるかメカニズムを説明してもらった。
だいたいインソールを作ったフットトレーナーズと同じ様な内容の説明でしたがこちらでは触診しながらなのでよりわかりやすかったですね。
結局、やはり筋肉の使い方に問題があり筋肉の緊張により膝がねじれて負荷が掛って痛みになってるとのこと。
具体的には鵞足炎だそうです。
そして治療方法や方針の説明の後で治療に入ります。

まず軽く電気を当てる。
強くやりたがる人が多いが弱く当てる程度でイイそうです。
自分ももっと強くして欲しいと思いましたがやり過ぎはイカンとのこと。
その後はウォーターベットでカラダに水流を当ててカラダを緩ます。
コレがまたユルユルと心地よかった。
家に欲しい!
そしてお待ちかねの手技による治療。
基本的には押す、伸ばすことがメインでした痛気持ちイイ感じでした。
しかしコレをされて左右の脚の凝り具合が全く違うのがよく実感できました。
フットトレーナーズでカイロを勧められるワケがわかります。
よくぞこんなに左右で差が出るモンです。
そして手技を受けながら雑談がてらアドバイスももらえる。
こういうコミュニケーションがとれるのもイイところ。

こんな流れの治療でしたがさすがに1回では完全には治らないので何度か通うようですね。
先生に何回くらい通うようか尋ねるとヒトにより回復力も違うし治療方法が最適かまだ確認できてないしわからないとこれまた正直なお答え。
まぁ当然ですね。
他にも今までの治療法は良かったのか尋ねるとヒアルロン注射もインソールも全く正攻法で間違いはナイそうです。
ただインソールは今後足型が変わるので成形し直しが必要とのこと。
これはフットトレーナーズの方も言ってました。
それと意外だったのが走ってイイとのこと。
むしろ痛くならない範囲で走ってみて欲しいそうです。
回復具合をみたいし筋肉の張り具合の変化を確認し治療方法を変えるかこのままいくか見極めたいそうです。
ただし下り坂は膝関節に負担が大きいので厳禁とのこと。
自転車も痛くなければOK。
やはり着地するジョギングと着地しない自転車では膝に掛る負担はかなり違うとのこと。

整形外科、フットトレーナーズ、整骨院と3つも通ってしまいましたが共通して言われたことは「治ります」でした。
信じて治療に励もうと思います。
ついでに整骨院で言われたこと。
「イイ筋肉してます」でした(嬉)
整骨院の先生によると短距離のような競技向きの筋肉だそうです。
しっかり治して正しいカラダの使い方を練習すればもっとチカラが出るそうです。
お世辞半分にしても嬉しい言葉をもらったのでしっかり治療に通うぞ~!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ムダ金使うなと怒られた…
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する