チューブレスレディに挑戦

日々楽しく走らせてるグラベルロードのレネゲード号。
調子に乗って走ってると遭遇するのがパンク…
ギャップの見切りのマズさやテクの無さが露呈してるだけなんですけどね。
とにかくリム打ちパンクをさせること数回。
リム打ちを避けるためチューブレスにしてみることにしました。
幸い、標準ホイールはチューブレスレディ仕様。
リムテープとかシーラントを用意してチャレンジです。
肝心のタイヤはクリンチャーなんですが…

IMG_20180306_175230.jpg
↑まずはリムテープを貼る(気泡だらけ…)

IMG_20180306_175428.jpg
↑バルブの穴を開けて

エアを入れるが…
全くビードが上がりません。
上がる気配すらありません。
このままフロアポンプで頑張ったところでイライラするだけなので諦める。
人間諦めが肝心ですよ。
そこで登場、Co2ボンベ。
一発でパンパーンとビードが上がりました。

その後は1回空気を抜いてバルブからシーラント入れてフロアポンプで空気を入れ直す。
リムサイドからシーラントが漏れてきます。
漏れる箇所を下にしてシーラントが行き渡るようにします。
できた!と思って1晩置いたら結構空気圧が下がっててガックリ。

もう一度空気を入れてリムサイドに石鹸水塗って漏れ箇所を確認。
何か所かブクブク漏れてました。
漏れてる箇所を特定して1か所1か所丹念に潰していきます。
ホイールを横に寝かせてシーラントがリムサイドに行きやすくするといいようです。
これで無事完成しました。
さも自分でやり方を考えたように書いてますが全て先人達のブログを参考にしました(笑)
おかげ様で何とかできました。
IMG_20180306_180903.jpg
↑シーラント入れる前はこんなに漏れる

結局、何とかチューブレス化に成功しました。
タイヤはグラベルキング32C。
今までクリンチャーで運用してたので普通に何度かタイヤレバーで脱着してました。
チューブレスはタイヤレバーはNG、使うとビードが傷ついてダメになると言われてましたが大丈夫でした。
しかも公式にはクリンチャーなのでチューブレスには対応してません。
月並みですが自己責任ということで施工しましたのでご理解頂ければと思います~
IMG_20180307_073402.jpg
↑舗装路はイマイチ…

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 40Cぐらいのタイヤが欲しいなぁ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する