FC2ブログ

筑波エンデューロの思い出

10/7、苦しくも楽しくもあった筑波エンデューロ。
写真を撮って頂いたので一部思い出の紹介(笑)
fc2blog_2017101523160091c.jpg
↑あんま速そうに見えんね…

fc2blog_20171015231602f90.jpg
↑集団に入れました

fc2blog_20171015231631d7e.jpg
↑左が追い越し側

fc2blog_20171015231629860.jpg
↑前の方、激速でした

fc2blog_20171015231634a00.jpg
↑この後、集団から脱落(笑)

fc2blog_20171015231703577.jpg
↑すでに限界突破。両足攣ったまま…

fc2blog_20171015231632117.jpg
↑ゴール後のパレードラン

fc2blog_201710152316012e5.jpg
↑花火の音にビビる

予想以上に楽しかったです。
自分の日常にはない速度域、集団の密集、初めての刺激がたくさんでした。
ふくらはぎや太ももを攣ったことは今まで何度もありましたがスネを攣ったのは初めて。
疲労もありますが鍛え方が足りないのとポジションやペダリングにも問題はありそう。
ベストラップを見るとトップ選手から9秒落ち。
トップ選手のベストはラストラップに記録されてたのでゴールスプリントがあったのかなと思います。
自分からは想像できない速さですね。
自分のベストタイムは最終スティントの集団で走ってた時のタイムです。
なので当然自力では無理なタイムです。
自分のラップタイムを見てみると3分15秒前後では無理なく先頭交代に加わって走れます。
平均時速で37~8km/h。
3分を切るとほぼツキイチになってしまい集団に乗るというよりぶら下がる状態。
平均時速で41~42km/h。
競輪場で走ってもやはり40㎞/hの壁を感じます。
単独ではこの速度域はキープできません。
ここら辺が今の自分の限界ですね。

自分の限界はそんなモンでしたが自転車的にはもっと走れそうです。
クロモリ+自作手組みホイールでしたが特に不安感はなく脚が伴えばもっとイケそうです。
実際もっと速く走ってるスチール車を何台か見掛けましたしね。
一緒に走れた中ではラバネロとアンカーの方が印象的でした。
どちらの方もとても速くて自分も相当頑張りましたが敵いませんでした。
他にも一緒には走れませんでしたがマキノやナカガワを見掛けました。
それと今回自分達の師匠的チームと一緒に参加しましたがそのチームになんとストラトス乗りの方がいてレースそっちのけで話しが弾みとても楽しかったです。

そして一番良かったのは仲間同士、走りもピット作業も移動も含め助け合ってできたことですね。
レースに参加しなのに応援や手伝いをしてくれる人もいて嬉しかったし助かりました。
ケガもなく完走できたのも何よりでした。
最後に…驚いたのは終わってみて自分の中で悔しい気持ちが大きかったこと(笑)
ラストスティントの集団に最後まで着いて行けなかったのが心残りで…
あの時は心肺もかつてない苦しさだったし両足攣ってたしそれまでも何度もチギれそうなのを堪えて頑張ってました。
が、終わってみるとなんでもうひと踏ん張りできなかったのか…と自分に無茶な注文…
もしかしたら来年に向けて練習しちゃうかも(笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 楽しい範囲で強くなれないもんかなぁ…
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する