柳沢峠~甲府~大垂水

昨日の土曜日はソロライド。
友人に会いに甲府まで行って来ました。
往復ピストンルートはつまらないので往路は柳沢峠経由。
帰路は素直に国道20号ルートにしました。

5:30過ぎに自宅を出発。
まずは奥多摩方面に向けて走ります。
少しの向かい風と早起きで寝不足気味のせいか脚が回らずペースが上がりません。
でも序盤でムリすると後半堪えるので淡々と進みます。
昨日は気温が上がるとのことでインナーに半袖ジャージにアームカバーと至ってノーマルな出で立ちでしたが微妙に寒かったです。
上りに入り吉野街道、青梅街道と繋ぎ奥多摩湖へ到着。
ここまでは信号とトイレ以外はノンストップ。
IMG_20170624_073715.jpg
↑サドルテストも兼ねてます

IMG_20170624_073724.jpg
↑穏やかな湖面

ここでも写真撮ってすぐ出発。
大菩薩ラインに入り地道に進み標高を稼いでいきます。
相変わらず肌寒いですが上りが本格化してくると暑くなってきて暑いんだか寒いんだか自分でもよくわからない状態です。
そのせいかどうもペースが上がらずなんだか具合が良くないのかなと心配になる。
そして道の駅丹波山まできてここで補給兼ねて小休止。
IMG_20170624_082501.jpg
↑これしか補給できなかった

IMG_20170624_082523.jpg
↑焼きおにぎり

まだ朝早いせいで店が開いておらず自販機でしか補給できませんでした。
そして焼きおにぎりを食べ始めましたが…
気持ち悪い…
いかん、これはいかんです。
しかしここまで来てしまったし約束があるので進みたい。
しばらくトイレに籠ります。
こんな時ビブタイツは面倒くさいです。
その後、風に当たりながら10分少々目を閉じて仮眠を取る。
すると効果があったようで残ってた焼きおにぎりを平らげることができ走る気にもなったので再出発。

柳沢峠は激坂こそありませんが長いのでキツいです。
すでに奥多摩を抜けて来てそれなり距離も走ってるので脚が削られます。
自分のペースでじりじりと上ってましたが1台の自転車に抜かれた。
抜かれると着いて行きたくなるのが自転車乗りの性(笑)
真後ろに着くのは気が引けるのである程度車間を空けて追走開始。
自分を抜いていった人ですから当然脚力は前走者の方が上なのは明らか。
それでも粘りに粘ってかなり長時間見える範囲で頑張りました。
しかし徐々に徐々に背中が遠ざかりついに見失ってしまいました。
こうなる完全に自分のペースに戻ってしまいペースガタ落ちです。
ヘロヘロになりながら柳沢峠のピークへ到着。
IMG_20170624_100239.jpg
↑しばし休憩

このあとはしばらく下り。
カネ掛けて整備された快適道路に生まれ変わってるのでスピードが乗ります。
下りが得意ではない自分でも50km/hオーバーは当たり前。
60km/hも普通に出ます。
下りが得意な人にはさぞ楽しかろうと思います。
ずっと快適に下ってましたが途中から少し自転車の挙動がおかしくなってきた。
50km/hオーバーからのブレーキングで自転車がよれる感覚。
今までこんなことなかったので気になって止まって点検するが特に異常は無い。
気にし過ぎかと走り始めるがやっぱり気になるのでもう一度止まってよく点検。
どうも僅かにヘッドが緩いようです。
ガタが出るほどではありませんがほんの僅かに緩めな感じ。
さすがにヘッドスパナは持ち歩いてないので何もできずに大幅ペースダウンで進みます。
ちなみに自分のロードはスレッドヘッドなのでアーレンンキーではヘッド調整ができません。

柳沢峠を下り切って甲府に向かいます。
ずっと緩い下り坂なので楽ですが帰りが思いやられますね。
甲府まで来ると明らかに空気が違って蒸し暑い。
さすが甲府盆地。
そして友人と会うのに手ぶらはどうかと手土産。
IMG_20170624_120703.jpg
↑黒玉が名物らしいです

そもそも甲府にいる友人に甲府土産はどうかと思うのですが背中に土産を背負って走りたくなかったし仕方のないこと…と自分に言い聞かせ購入です。
その後無事落ち合って再会の時間を楽しみました。
帰りの時間もあるので別れを惜しみつつ帰路につきます。
ここまで自転車で来て自転車で帰るのかと少々あきれ顔でありました(笑)
そしてまずは笹子へ向けて走りますがずっと上りな上に向かい風にやっつけられキツかったです。
そしてゼッケン付けたランナーがを数名見掛けます。
コンビニでお姉さんランナーに話し掛けたらなんと諏訪大社から日本橋まで走るイベントとのこと。
200kmオーバーですよ。
自分も今日は200kmオーバーですが過酷さが全く違います。
驚き呆れつつ互いの健闘を祈って再出発。
笹子まで来てトンネルを抜けるか笹子峠に迂回するか考えましたが体力と時間を考えトンネルへ突入です。
3kmTTの始まりです。
幸い3~4台の車にしか抜かれずに済みました。
ここからは下り基調です。
するとやっぱりスピードに乗ると挙動がおかしい。
途中にあったバイク屋に頼み込んでスパナを借りてヘッド締めたら案の定緩んでました。
日頃の整備不足です。
反省せねばなりません。
ここからは自転車もシャキっとしたので安心して下りも走れて大幅ペースアップ。
大垂水峠の手前のコンビニで最後の休憩。
レッドブルを飲んで最後のひと頑張りに備えます。
レッドブル、個人的には効く感じがして気に入ってます。
IMG_20170624_175853.jpg
↑ここまで来れば帰った感覚

結局、230㎞走りました。
久しぶりの200㎞オーバーで疲労困憊です。
目的を果たせて満足です。
サドルも初テストにしては長過ぎかと心配でしたが大丈夫でした。
提供してくれた青ナカガワ氏はあのサドルが大丈夫なんておかいしいと納得できないようでしたが(笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 寝不足がダイレクトに響くお年頃…


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する