カテゴリ:物欲 の記事一覧

サドル交換・コンコール

ストラトス号のサドルを替えることにしました。
セライタリアSLR XPを使ってますが至って快調で全く問題はありませんでした。
軽量だし快適だしカッコいいし。
ただどうしても白色がストラトス号から浮いてしまって…
染めQで黒く染めようと思ってたのですが先日のストラトスの組み上げですっかり自転車イジリのヤル気が失せてしまい止めました。
きっとうまくいかないと思うし…

てことでサドルを新たに用意。
同じSLRがよかったのですがすでに廃番モデルだし最新型は高くて手が出ませんでした。
サドルの中古もイヤですしね。
いろいろ考えて用意したのはセラサンマルコのコンコール。
IMG_20170922_222512.jpg
↑表

IMG_20170922_222523.jpg
↑裏

モデルイヤーでは型落ちですが新品が安く出てたので決めました。
「MASH」ってプリントされてますがどうやら限定モデルだったらしいです。
MASHが何か知りませんが…
IMG_20170922_223912.jpg
↑MASHって細かくプリントされてます

いままで旧いコンコール使ってて具合が良かったので後継モデルならお尻に合うんじゃないかと期待。
重量もまぁまぁ軽いです。
今までスチールフレームなので軽量化には全く興味がありませんでしたがストラトス号はスチールとしては軽いので車体の重量を少しは気にするようになりました。
IMG_20170922_222618.jpg
↑グイっとしたテールがコンコールの特徴

IMG_20170922_222549.jpg
↑サドルの断面形状はかまぼこ型

IMG_20170923_145051.jpg
↑SLRと比較

組み付けてみましたがまぁまぁ似合うんじゃないですかね~
外したSLRは色的にストラトスに合わなかっただけで気に入ってます。
なのでピストかパナ号に付けようかと思います。
グラベルロードにはちと薄いかな。
IMG_20170923_150717.jpg
↑黒サドルでビシっとしたかな

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 カッコいいぜストラトス(笑)
スポンサーサイト

駆動系一新計画

ついに走りだしたストラトス号。
せっかくのニューフレームなので消耗部品を新規交換しました。
変速性能を向上させるのに購入したデュラFディレーラー。
これだけでは片手落ちなので消耗品のギヤ板とチェーンも購入。
TS3J1301.jpg
↑105グレード

意見はいろいろありますが個人的にチェーンは105でいいんじゃないかと…
まぁ予算の都合です。
ギヤはいろいろ考えて主流のコンパクトクランクである50T-34Tではなく47T-31Tにしました。
TS3J1298.jpg
↑東京サンエスディズナラクランク用

グラベルロードで43T-27Tという貧脚仕様にしましたが思いのほか使いやすい。
アウター43Tでも自分の場合平地においては回し切ることはほぼないです。
ちょっとした上り坂や緩い峠はアウターのままやり過ごせます。
下りでも回し切ったら惰性で下ればいいしそれより常用域のギヤの使いやすさが重要です。
ロードで43T-27Tはさすがに小さいかと思うので47T-31T。
インナー31Tだと今までの34Tに比べざっとスプロケ1枚分軽くなるので上りで余裕ができるかと期待。
これで28Tのスプロケを買う必要はありません。

TS3J1299.jpg
↑主流じゃないから手書き!?

TS3J1300.jpg
↑27Tほどじゃないけどかわいいサイズのギヤ

フレームサイズが小さいのでこのクランク板でも小ささが目立たないかと思います。
逆に28Tとか大きいスプロケ付けると目立ちますしね。
IMG_20170911_072326.jpg
↑直付け台座も47T仕様

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 すっかり乙女仕様

SLR XP サドル

サドルを替えてみました。
先日、青ナカガワ氏がSLRサドルを使っていて使用感を聞いてみました。
するとイマイチ合わないので使ってみますか!?
とのありがたいお話し。
早速受け取りに出向きました。

IMG_20170621_225721.jpg
↑型はちょっと前のヤツらしいです

IMG_20170621_225757.jpg
↑軽量サドルの代名詞

IMG_20170622_075123.jpg
↑実測値180g!

今まで使っていたコンコールスーパーコルサに不満があったわけではありません。
座り心地は最高だったしペダリングも軽快に回せました。
ちょっと重いのが難点かもしれませんが特に軽量マニアではない自分はあまり気になりませんでした。
たまたま良い機会に恵まれたのでSLRサドルにチャレンジです。

IMG_20170622_173137.jpg
↑コンコールスーパーコルサ

IMG_20170622_180415.jpg
↑SLR XP

触ってみた感じだとクッションはそんなに硬くはないです。
サドル自体も意外と柔らかくて力を加えるとしなります。
付け替えて眺めてみるとサドルが薄くなって軽快感が出て現代風になりました。
シートポストもちょっとだけ伸ばせました。
重量に関しては確実に軽くなってますが元々の自転車が重いので持ち上げてもおぉ~!という変化はないです。
あとは乗ってみてサドルの軽さを実感できるか。
ただ自分は違いのわからないオトコなんで実感できないかもしれません。
問題はお尻に合うか、ですね。

IMG_20170622_174914.jpg
↑コンコールスーパーコルサ実測値…

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 青ナカガワさんありがとうございます~

ヘッドパーツを求めて

昨日はヘッドパーツを買いに行って来ました。
欲しかったのはもう何世代も前の1インチスレッドのXTR。
クオーク号に組んであるヘッドパーツです。
ストラトスを組むにあたってヘッドパーツをどうしようかと考えてましたがクォーク号とお揃いにしようかと考えました。
ストラトスの村山氏も自分のクォーク号のXTRを見て「これ、最高のパーツだよ」とお話しだったのも後押しになりました。
というわけで在庫がある細山製作所へ出向いてきました。
IMG_20170604_094237.jpg
↑16号沿いの自転車道

フレームを作って頂いて以来の里帰りです。
変わらずお元気な細山氏。
いろいろ自転車談義をさせて頂き楽しいひと時でした。
話しの中で驚いたのはピストでの1000mTT。
50数年前に計測したタイムとつい先日計測した時と全く同タイムだったとのこと。
ご本人は進歩がないと嘆いてらっしゃいましたが普通はあり得ないのではと思います。
間違いなく一回り以上若い自分より速いと思います。
日本一速いビルダー健在といったところです。
自分も年齢をいい訳にせず精進せねばと思います…が、やっぱり楽しく走れればいいかな。
ちなみに細山氏もこのXTRヘッドパーツは最高だよと仰ってました。
IMG_20170604_133415.jpg
↑納車待ち

ヘッドパーツを受け取ってストラトスへ。
3週連続で伺ってます(笑)
IMG_20170604_145632.jpg
↑見慣れてしまった(笑)

今回は鉄一徹氏と青ナカガワ氏が同行してくださりいつも以上に自転車談義に花が咲きました。
同行のお二方とも自分よりずっと自転車に詳しいので村山氏も話し甲斐があった印象でした。
しかし毎回思いますがプロの自転車選手である競輪選手を相手に仕事をしてるだけあり知識も技術も一介の自転車屋とはひと味違いますね。
本当に勉強になります。
IMG_20170604_143640.jpg
↑肝心のXTRヘッドパーツ

XTRの何がそんなにいいのか伺ったら圧倒的に耐久性がいいそうです。
シールがしっかりしてる。
ベアリングの玉の大きさが普通のものと違う。
仕上げが良い。
古いとはいえ当時のシマノの最高レベルの仕事ですから良い物を作っていたんですね。
IMG_20170604_145622.jpg
↑クォーク・カラビンカ・オオタキ

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 人生、楽しみがあると何かとやりがいが出ます(笑)





ポジションを変えろ

自分でもわかっていたのですが改めてアドバイスを受けポジションを調整することにしました。
そのためステムとハンドルを購入。
無題0526
↑写真撮り忘れて画像拝借

低身長の味方ディズナです。
ショートリーチのJFITアーク、26㎜シルバーを選んでみました。
定番になってる上ハンドルとブラケットが一直線になるタイプは好みではないので丸ハンドルに近いARCにしてみた。

TS3J1297.jpg
↑日東UI2

ステムは今回は定番日東パールではなくクロモリステムのUI2。
何となくUI2にしただけで特に意味はありません。

というわけで早速取り付けてみました。
取り付け工程は省略。
今回はとりあえずポジションチェックなのでワイヤーもバーテープもそのまま再利用。
結構な適当組み付けです。
よければワイヤーの長さ調整やバーテープも替えようと思います。
またがってみた感触ではハンドル幅がちょっと失敗だったかも。
今までの日東105は390㎜でしたが今回は400㎜。
思ったより幅が広くて感じて違和感あり。
まぁでもすぐ慣れると思いますけど。
あとはソフトシルバーなるカラーリングがイマイチかな。
普通のシルバーなりポリッシュがよかったです。
磨いてみようかな…

そして2時間ばかりテスト走行。
かなりコンパクトなポジションになりました。
ただ自転車がこじんまりしてカッコ悪くなりました…
感触はハンドルが近くなり乗りやすいといえば乗りやすいですが慣れないので詰まった感じ。
ドロップが浅いせいもあるのかあまり深い前傾にはなれませんね。
とはいえJFITアーク、気になるところなく使えそうなのでいいんじゃないでしょうか。
ブレーキレバーも近くなったかな。
ただ以前の日東105はレバーが外開きになってレバーに指を掛けやすかったので一長一短といったところ。
ダンシングでも腕や手首に気になるところは特になし。
しばらくコレで慣れてみようと思います~
TS3J1306.jpg
↑テスト走行の行き先(笑)

今回ステムとハンドルリーチを詰めてハンドリングがよりクイックになりました。
剛性も上がったのか硬くなったというかしなりが減った感じ。
ストラトスで相談するとなぜハンドリングが変わって感じるかをジオメトリ含めきちんと説明して頂き納得です。
またステム、ハンドル周辺部品の素材や剛性次第で乗り味の若干の違いはあるとのこと。
奥が深いです。
TS3J1309.jpg
↑ステム切らないとこれ以上下がらない

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ほんのちょっとブラケット位置を下げたい