カテゴリ:手組みホイール の記事一覧

センター出しのはずが…

せっかく購入したホーザンのセンターゲージ。
ロードのフロントホイールもタイヤを剥がして確認してみました。
結果、ほんの少しだけズレていました。
なのでセンター出しを兼ねて振れ取りをしたのですが…
ニップル回しで締めてるつもりが何を思ったか逆に回して緩めてしまい振れを増大させてしまいました。
すぐ気付けばよかったのにアレおかしいなとさらに緩めて振れ振れホイールに…
中途半端な状態から振れ取りもどうかと思ったので結局全てのニップルを緩めてテンションを解放。
そこから振れ取りというかホイール組みをやり直しました。

フロントホイールのスポークには贅沢にもエアロスポークのサピムCX-RAYを使ってます。
最初にこのホイールを組んだ時は代用品を使いましたが今回からスポークの回り止め用工具を購入して使ってみた。
TS3J0194.jpg
↑近所にワイズがあると便利

TS3J0195.jpg
↑こんな形の工具

TS3J0196.jpg
↑スポークを挟んで押さえる

これでニップルと一緒にスポークが回ってしまうのを防止します。
なかなか使い勝手が良かったです。
ムダな作業もしてしまいましたがまぁホイール組みの練習ができたと思えばいいでしょう。
ホーザンセンターゲージのおかげでセンター出しもバッチリ。
素人レベルでの出来ですが自分しか使わないので自己満足。
あとはタイヤを貼らねば…

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 そろそろ走れるようにしないと
スポンサーサイト

やっとリヤホイール組み

いろいろ手間取って組み上がらなかったリヤホイールをやっと組み上げました。
実はリムを輝かせようとアルマイト剥離と磨きにチャレンジしましたがピカピカに輝けず断念…
使っていない固定車体のホイールをバラしてリムを使いました。
作業は前日のタイヤ貼り同様、夜のベランダで薄暗い中での仮組み。
ベランダにブルーシート敷いて座り込んで作業しました。
今の季節はいいけど真冬と真夏は厳しいよなぁ…

仮組み後の振れ取り&テンション調整はこっそり部屋で行いました。
TS3J0420_convert_20140621114120.jpg
今回はスポークをDS側2mmプレーン→2.0-1.8バデッドに、NDS側1.8mmプレーン→2.0-1.8バデッドに変更。
組み方は今までと同じくフルクラム風の2to1組み。
最近の手組みでは敬遠されがちな変則組みですが自分的には使ってて不都合はなかったので同じ組み方にしました。
某ブログで流行りのヨンロク組みとか検討しましたがFホイールも変則組みなので合わせようかと。
テンションは今までとほぼ同じ値にしておきました。
左右のテンション差はNDS側を1本間引いてるだけあって無いとは言えませんがかなり少ないです。
間引いてる分強度が心配ですが組んでから一度もスポークが切れたことがないので自分の使い方では大丈夫なのかなと思ってます。
念のためNDSのスポークも丈夫になる方向で変更しましたしね。

あとは走ってみてスポーク変更の違いはわかるか!?
鈍感な自分なので多分わからないと思いますが。
ちなみに使ってるリヤハブは購入当時知識も無く値段と軽さで選びましたが今改めて寸法等みると横剛性が不足しがちな数値な様子。
が…やはり鈍感な自分には剛性不足を感じられずです。
いいホイールを使えば違いに気付くものかもしれませんね。
知らないって怖い…

TS3J0421_convert_20140621113937.jpg
↑大好きな軽量化は…
805gでした。スポーク交換前の813gと大して変わりませんね。
前後で584+805=1389gとアルミリムの割に軽くできました。
費用も今回のスポーク代と流用したリム、ハブ合わせても前後合計で\27,000弱なのでコストパフォーマンスは上々ですかね。
それよりも楽しめたのでプライスレスといったところか(笑)

ピカピカにならなかったとはいえそこそこは光った失敗鏡面リム。
そのうち磨き直しに再挑戦しようかと思います(笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 光るには時間と根気が必要

暗闇のタイヤ貼り

いろいろ事情があって室内での自転車いじりがしづらくて夜のベランダでの作業。
組み上がったフロントホイールのタイヤ貼りをしました。

TS3J0419_convert_20140618221855.jpg
↑ゴミ箱に取り付けた振れ取り台

タイヤの接着はパナレーサーのリムセメント。
リムセメントには少し慣れてきましたがセンター出しに手間取ってはいけないので緊張しますね。
コンチネンタルは精度が悪くないので助かりますけど自分の腕では完璧とはいかず…
一度プロのタイヤ貼りを見てみたいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自分の部屋が欲しい…

Fホイール組み直し

アルマイトを剥がしてシルバー化したハブ。
当然バラバラにしたためホイールを組み直さなければいけません。
この際いい機会なのでスポークも新調することにしました。
今までは2mmプレーンのDTチャンピオンを使ってましたが今回は大奮発してサピムCX-Rayを使ってみることにしました。
高額軽量エアロスポークです。

18Hラジアル組みなので難しいことはなく仮組みし振れ取り台で振れを取りつつスポークテンションを上げていく。
テンションを上げていくとスポークが捩じれる。
エアロ形状なので捩じれるのがよく見えます。
そして気が付く。
エアロスポーク用のスポークキー(スポーク押さえ)を買うのを忘れてた…
無題
↑こんなヤツ

どうするか思案しつつネットで調べてみるとダイソー万力で代用してるのを見つける。
それなら持ってるぜ~と試してみると使いやすくはないがなんとかなりそうな気配。
TS3J0417_convert_20140615211941.jpg

スポークの押さえに苦労しつつも何とか完成にこぎつけた。
TS3J0416_convert_20140615211925.jpg
CX-Rayはテンション高めが具合がよろしいそうなので今回は自分なりのハイテンションに設定してみました。
DTチャンピオンの時はより高めの設定です。

軽量化には興味がないと言いつつ結局いつも秤に乗せるオレ…
TS3J0415_convert_20140615211902.jpg
↑584g
合計14000円切りのホイールな割には軽く出来ましたね。
というわけで結局、軽量化に熱心なオレだったのです…

でも問題は軽さじゃなくて乗り味。
違いが分からないオトコなので高価なスポークの恩恵を感じられれば嬉しいのですがどうでしょうかね!?
さてあとはタイヤを貼らねば…
タイヤはまだ使えるので剥がしたコンチネンタルスプリンターを使います。
ソーヨーには手が出ませんでした。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 Rホイールはこれから…

赤→銀 #2

昨日は珍しく都内を自転車で徘徊し夕方には友人に会いに。
バンク練があったのに気付いてなかった…

今日はどこか走りに行くつもりでしたが早起きに失敗し体調もイマイチだったので家でゴロゴロ…
ただゴロゴロももったいないのでリヤハブに続いてフロントハブも脱色。
ホイールを分解してハブ単体にして赤アルマイトを剥離、そして磨く。
ベアリングは片側は交換できましたがもう片側が手持ちの工具では外れず断念。
無理してアルミ部品を壊しては元も子もないので仕方ありません。
TS3J0414_convert_20140615211836.jpg
↑エンド部分はリヤハブでうまく出来なかったのであえて手付かずに。

TS3J0413_convert_20140615211801.jpg
↑足が写ってるし…
ベアリングプーラーとインストーラー
どちらも借り物。
買うと結構高いみたいです。
この後はホイール組みへ…

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 銀ハブは数少ないねぇ