グラベルライド初遠征

土曜日はグラベルロードのジェイミスレネゲードであきる野・日の出町方面へグラベルライド。
いつもは近場の里山を走ってますが初めて違う場所のグラベルライドに行ってみました。
初めての場所でひとりは不安なので最近グラベルロードを入手したS木さんに同行を願いました。
待ち合わせは武蔵五日市駅。
TS3J1091_20170325232555f92.jpg
↑S木さんは輪行で

TS3J1090_20170325232552db2.jpg
↑MASIジラモンドとJAMISレネゲード

ジラモンドのシェイクダウンに初輪行のS木さん。
初物づくしです。
自分は基本的に今まではサイクリングはドアtoドア、どうしても遠かったり時間の制約がある時は車載で輪行には興味がありませんでした。
今回輪行を見てこれはなかなか便利でいいかもしれないと興味が湧いてきました。
特にグラベルライドは林道求めて遠いところへ行くことが増えそうだし車載と違って異なる発着点で構わないのが魅力的。
手間が掛かって面倒臭そうだし敷居が高いな…と躊躇してましたが輪行を前向きに考えようかと思います。

せっかくなので新車のジラモンド号をつぶさに観察。
自分のレネゲードと似たような構成ですがロード寄りのレネゲードにMTB寄りのジラモンドって感じです。
しかし下ろしたてなのに随分とイジってありました(笑)
じっくり観察後出発、ちょっと道に迷いながらもグラベルに突入。
TS3J1092_20170325232556757.jpg
↑雰囲気よろし

いきなり激坂で押しが入りますがその後はキツイながらも乗車して走ります。
なかなか整備が行き届いたいいルートです。
TS3J1093_20170325232558bcb.jpg
↑案内板も豊富

TS3J1094_2017032523260026e.jpg
↑真ん中にちっちゃく西武ドーム

第一目的地の「赤ぼっこ」に到着。
視界が開けて景色がよかったです。
冬の早朝に来たら最高の景色が見れそうです。
東京の低山ハイキングでも良いところはあるもんですね。

TS3J1095_201703252326306ab.jpg
↑反対側の景色&自転車

その後は「天狗岩」を目指して走ります。
ふたりとも全く道が分かってないので不安でいっぱいですが案内板を頼りに進みます。
TS3J1097_2017032523263431c.jpg
↑着いた

天狗岩に行くにはルートから逸れて行くようでした。
わかってなかった自分らは階段を自転車担いで下ってしまった。
行き止まりだったので天狗岩を見たあとは下った階段を自転車担いで上るハメに…
TS3J1096_20170325232632b5a.jpg
↑赤ぼっこの方がいい景色でした。苦労して行ったのに…

その後は案内板を頼りに適当に走り進みます。
上れない激坂多数。
怖くて下れない坂多数…
進むにつれて乗車率が下がる一方。
坂にメゲて脚を消耗しまくりで攣りそうになることもしばしば。
上っててあぁ~踏んで上ってる…このままではヤバくなる、とわかってはいたのですが踏まないと上れないんです。
その踏んでる最中に木の根っことか障害物があるとフロントアップさせたりでさらに踏み込むハメなる。
ファイナルローはインナー34Tにスプロケ32Tですが歯が立ちませんでした。
凄くキツかったですが凄く楽しかったです(笑)
TS3J1099_2017032523263886a.jpg
↑年季の入った看板

TS3J1101_20170325232704f69.jpg
↑ココで昼休憩

長い昼休憩のあとは適当に下って行きますが適当過ぎたようで…
シングルトラックを下りますが道が荒れる一方で押し歩きの連発です。
そのうちシングルトラックを通り越して獣道に…
もはや乗車することは適わずほとんど自転車担いだり押したりで自転車という荷物を背負ったハイキングと化してしまった。
TS3J1103_2017032523270684b.jpg
↑写真じゃ過酷さが伝わらない…

MTBだったり上手い人なら乗ったまま下って行くのかもしれませんが我々の自転車と乗車技術じゃムリでした。
いい大人が無茶してケガして仕事に穴を開けることはできませんので怖いところは素直に降りて押しました。
最後は舗装路が下に見えてきましたがそこまでなかなかたどり着けず半泣きでした。
最後の最後は舗装路に復帰できましたがココから出ていいの!?…というところからの復帰でした(笑)

その後は帰宅に向けて舗装路を平和に走ります。
が、もうちょっと普通のグラベル走りたいですよねぇ…ということで自分の地元の里山へ行き先変更。
遠征したにも関わらず最後は地元のグラベルで締め(笑)
S木さんは帰りは輪行せず自走でとのことで特に用事がなく早く家に帰っても居場所がない自分は途中までお供してから帰宅。
楽しかった一日が終わりました。

あきる野・日の出方面はグラベルの宝庫ですね。
MTBの集団も見掛けましたし。
もっと通って道を覚えるなり開拓するなりすると楽しめそうです。
それと今回地元以外のグラベルを走ってみて自転車をイジる方向性が新たにわかってきました。
買って終わりのハズだったレネゲード号ですが乗る楽しみに加えイジる楽しみが増えてしまい困ってます。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 まずは上れる軽いギヤ
スポンサーサイト

春分の日は鬼門

春分の日、恒例の多摩湖駅伝にご近所さんオヤジチームで参加してきました。
2チーム体制での参加でどちらかが速いチームとかでなくどちらも同じぐらいにゴールできるようなチーム編成。
なぜかというとゴール後速やかに全員撤収し打ち上げ(飲み会)を開くため。
そんな若干緩めのチームですがそのぐらいの意気込みの方が楽しいですね。
TS3J1083.jpg
↑大盛況

そんな楽しい駅伝ですが自分は今年も体調が思わしくなく苦戦しました。
2週間前から花粉症→風邪→下痢→発熱→下痢…と悪循環に陥りレース4日前には38度3分まで発熱しダウン。
久しぶりに病院送りとなりました。
ちなみに最初から最後まで一貫してた症状は咳。
これが意外とやっかいで夜寝れなかったりで結構体力を消耗した気がします。

いい訳はこのぐらいにして肝心の結果は昨年の11秒落ち。
ここ2年連続でタイムを落としてます。
練習量は増えてるしシューズもいいのを買ってるのに悲しいなぁ…
今年は1走を走りましたが大会に慣れてないせいか周りに呑まれてしまって思うように走れませんでした。
ガーミンを忘れてしまってペースを目で確認できなかったのもありますが自分のペースが速いんだか遅いんだか掴めず苦しかったです。
下り基調になる後半にペースを上げるつもりでしたが多分上がってなかったかなと思います。
ラスト1㎞もスパートを掛けられず目の前の集団からジリジリ離されたし。
最後の100mの全力疾走でその集団に追い付き追い越したのがせめてもの救いでした。
たった7.2㎞の大会で後半バテるということは根本的に走力が足りないんでしょうね。
もっと練習すればいいのでしょうがやっぱり自転車の方が楽しいのでどうしても自転車が優先になってしまいます。
TS3J1084_201703222135267ec.jpg
↑毎年同じ参加賞

レース後は速やかに撤収して飲み会に…の予定でしたが自分は離脱して帰宅。
呑みを楽しみにずっと練習してきましたが体調を考慮して苦渋の決断です。
さすがに社会人として体調が冴えないのに呑みに行って風邪をぶり返しては目も当てられませんからね。
毎年、この春分の日は多摩湖駅伝に出てますがほぼいつも体調が良くないです。
花粉症と季節の変わり目のせいかいくら注意しても体調を崩しがちです。
多摩湖駅伝に出るようになる前は以前熱中してた武道の試合日でしたがその時も発熱したまま試合出てましたから…
春分の日は鬼門です

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 近年にない筋肉痛なので一所懸命走ったんだと思います

コソ練で坂攻略

日曜日は午前中のジョギングの後、ジェイミスレネゲードでグラベルソロライド。
サタデーライドで走ってる丘陵をひとりで走ってきました。
まずはいつも撃沈する激坂へ。
いつも通り撃沈しますがウィリーせずホイルスピンしないダンシングの態勢を見付けちょっと光明が差してきました。
そして3回目の登坂でついに登頂成功!
TS3J1072.jpg
↑丸太の向こうへは行ってませんが

TS3J1073.jpg
↑上ってきた坂

誰も見てないので証明できないのがとても残念です(笑)
自分でも上れないだろうなぁと諦めかけてたのですごく嬉しかった。
ただ自分の脚力と技術では全てが上手くいかないと上れませんね。
意外と走行ラインが限られ左へ逸れると木の根っこ、右へ逸れると落ち葉で滑る、蛇行するとFタイヤとつま先が当たってストップ…
となかなか上手くいきませんでした。
斜度に対しても自分の脚力と自転車のセッティングがギリギリですしね。
次回の走行会では上れたのをぜひ証明したいところです。

その後は多少道に迷いながらフラフラと走り回りました。
TS3J1074_201703052313090be.jpg
↑ココは下るだけで上れません

TS3J1075_20170305231311a94.jpg
↑お山の大将

小一時間ぐらい楽しんで走りました。
午前中のジョギングの疲れせいもあってか途中で脚を攣り掛けたりしました。
先週同様、尻痛にもなってしまいました。
どうもジョギングで痛めてサドルのせいで痛みが増幅してるようです。
今までサドルでお尻が痛くなるなんてなかったのですが…
できればロードで気に入ってるサンマルコのコンコールを使いたいのですが後方がピンと反ってるのでグラベルで不可欠なサドル上での前後移動がしづらいかも…と躊躇してます。
いつだかの試乗車に付いてたターボサドルも具合が良かったので候補に入れて考えてみようかと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 サンエスのナローサーティサドルもいいかも

2週連続同タイム

日曜日はマンネリですがジョギング。
例によって多摩湖まで自走して7.2kmコースを走る。
今回は先週と靴を替えてアディダスボストンブースト。
駅伝当日、先週履いたプーマとアディダスとどっちを履こうかと比較です。
TS3J1071_2017030523124652a.jpg
↑アディダス

結果はタイトルの通りなんと先週と全くの同タイム。
走ってる感触も大して変わらない。
よくよく思い出すとプーマの方がソールが薄いのか着地がダイレクト。
その分軽い気がします。
対してアディダスの方が僅かにクッションが効いて着地は跳ねる感触。
上りはプーマ、下りはアディダスの方が走りやすい。
まぁどっちを履いても一長一短なので当日の気分で決めよう。
ちなみにブルックスラベナは前述2足に比べると重くて遅いです。
プーマとアディダスはトレーニングシューズ、ブルックスはファンランシューズといったところですね。

タイムは同じでしたが内容的には先週は前半抑え目後半上げ、今週は前半突っ込み後半タレ。
気持ち良く走れるのは自分的には前半抑え目の方ですね。
終わり良ければ全て良し、最後にペース上げて走り切った方が満足感高いです。

TS3J1070_20170305231245a64.jpg
↑春が感じられます

堰堤のベンチでかっこいい自転車があったのでオーナーさんに話しかけてみました。
「オルモ」というブランドでチューブはコロンバスガラでした。
長く乗られているようでとても良い雰囲気の自転車でした。
オーナーさんも初老に差し掛かる方で肩肘張らずスマートに乗っててカッコよかったです。
あんな風にいつまでも乗っていたいなと思いました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 軽さは正義かな~

jogのちバンク

日曜日の午前はジョギングでしたが午後は川崎バンクへ。
片道40㎞を自走する元気は残ってないのでクルマに積んで川崎競輪場入り。
TS3J1068_201702272232247ed.jpg
↑自転車置き場と化してるホンダフィット

競輪場を到着するとびっくりする混雑ぶり。
先日の立川競輪場の混雑も凄かったです。
最近バンク練習が流行ってるんでしょうか。
混んでるので走行時間をグループごとにシェアしながらの練習となり自分は馴染みの方々と淡々と走行。
TS3J1065_201702272231558c4.jpg
↑きりさんのトラックレーサー。速いです!

TS3J1064_20170227223154bc3.jpg
↑S木さんのピストロード

聞き慣れないブランド「山王」だそうです。
厚めの022チューブを使ったフレームだそうですが気持ち良い乗り味とのこと。
我々としては出来ることなら速く走りたいですがそれよりも気持ち良く走れることが大事。
そして自分の手でイジるのも楽しみのひとつ。
TS3J1067.jpg
↑サーリーのハブで手組み!

TS3J1066.jpg
↑チェーンテンショナー

ロードエンドでピストを組む際に役立つテンショナー。
これイイですね。
クイックで締めが甘くホイールがズレて最悪ロードエンドから外れる…なんてことを防止するアイテム。
ブルーラグって店舗で購入したそうです。
自分も覗きに行ったことがありますが主にスチール関係を扱っていて活気あふれる元気な店舗です。
現在主流のカーボンを扱わなくても人が集まる人気店ですね。
在庫もたくさんあって見応えあるし近場にあれば入り浸りそうなとこですよ(笑)

午前のジョギングのせいかサドルのせいかわかりませんが尻が痛いのには参りましたが走りにしゃべりに楽しみました。
今後の物欲への話しも楽しかったですがグラベルサイクリングがすごく楽しみです。
まだまだ初めての経験や挑戦を楽しんでいきますよ~!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ロードもこの先楽しみ